共闘(CPU)たのしいです(^q^)


討鬼伝ストーリークリアしました。

一人でなんとかなるとマルチ行かない病。まぁいいか。
太刀使うつもりが途中から弓ばっかりだった。まぁいいか・・・
以下感想。
touki13727a00C.jpg
戦闘は部位破壊を重視したシステム。
部位を壊しても部位は無くならないが、破壊すれば鬼の攻撃が制限される。
破壊部位からしかダメージが入らないので適当だと逆に討伐が長引く。
(とはいえなんとなく全破壊狙いつつ魂弓撃っても
大抵15分前後で終わるので辟易するほど長引くとかは無い)
部位破壊が面倒だと思うかもしれないがそこは好みや慣れか。
鬼は形態変化でかなり攻撃方法が変わるので一粒で二度美味しい。
ゴムゴムの・・火凶鳥(ヒノマガトリ)!!(`・ω・)=====つつ

一部の鬼が面倒なのは×。

突進多用、長時間滞空、長時間潜行、周囲攻撃多用など。
武器によっては対策をするのが難しくひたすらダルいだけ。
4人プレイヤーなら超火力怯み連打で問題ないとは思われるが、
対策というよりはハメでありパワープレイだろう(^ω^;)

武器も個性的なアクションが揃っている。

同じ武器種でも他狩りゲーとは意識的に動きを差別化している印象。
鎖鎌や双刀などは3次元的な動きができるので面白い。
どの武器でも防具に差が無いので弓が楽だったりする。

NPCが優秀でソロが捗る。

火力でもそれなりに頼れる、自分で回復するため耐久も多く滅多に死なない。
ダウンしても敵の攻撃を気にしつつ復活しにきてくれる。

エフェクトが多いと処理落ちする場面が多少。頻繁ではないので影響はほぼ無い。
touki13727a00D.jpg
ミタマでプレイスタイルを大きく変える事ができてgood.

装備するミタマによって攻撃速度を上げたり、飛び道具を使えたりと
どれもユニークで立ち回りや戦略面でかなり影響が出る。
組み合わせやミタマのスキル選択でのカスタマイズ性も高い。
touki13727a00B.jpg
天狐と神木、賽銭と禊は機能が似通っているのでまとめて良かったかも。
依頼報酬を事前に見れない&依頼の報酬はショボいのが×。
さすがのコーエーだけあってグラフィックは美麗。


これも1作目ながら完成度は高い。
体験版からかなり操作性が向上しており、部位破壊の爽快感もある。
独特のシステムで他狩りゲーとの差別化としても成功してるんじゃないでしょうか。
アクション面では個人的にソルサクより楽しめました。
発売後も意見を取り入れる姿勢とスピードからもやる気が感じられて好印象。
vita買った人にアクションゲーとしてオススメできる1本だと思います。いじょ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://maori1126.blog116.fc2.com/tb.php/609-8dd82fd3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

うつろねこ

Author:うつろねこ
俺が…俺達がアルカナハートだ!

twitter

現状

プレイ中&積みゲー
PSO2
デレステ
グラブル
MHXX
四女神オンライン
カグラPBS
ガンガンピクシーズ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © うつろねこ