これはキャラゲーであっても、クソゲーではない。


SAOHRクリア。
オリキャラ慣れないだろうなと思ってましたがストレアかわいいですね。
以下感想。

ソードスキルのモーションがバリエーションに欠ける
とにかくソードスキルが横に振り回すか横移動斬りだけ
ジャンプ斬りなどの縦移動がないのは寂しい
(通常J攻撃はあるが使う必要性が皆無
ペイルライダーやフェアリィダンスなどもキャンセルがほぼ効かずゴミなのは×
スキルコネクトは気持ちいいし操作性自体は問題ない
慢性的なSP不足もチャージ実装でそこそこ改善された

バフの種類が多すぎるのである程度統合した方がいいのでは
「バフの効果時間延長のためのバフ」「クールタイム短縮のためのバフ」って(´・ω・`)
わざわざ切り込む前に10個近く炊くのはテンポ悪い

恐らく戦闘においてこのゲーム最大の魅力
連携 スイッチ 回避 GJ等の指示ができる 
するしないで火力や生存力が変わるので結構重要
頻繁に喋ってくれたりしてPTで戦っている雰囲気も良く出ている

レイド他PTや味方PTキャラが貧弱だった点はアプデで多少解決された
しかし持続の長い攻撃には回避指示しても当たりに行くのは難点

NPCの成長次第でAIが賢くなる?ようだがまともにやるには時間がかかる
そのうえとても解りづらい…
ストーリークリアだけなら必要なかったので無視した(脳死

スキルを自由にセットしたりできるのは良いがキーコンフィグが物足りない
前前やスティック一回転が出づらいのもネック
バフゲーなのも相まって結局ウィンドウ出しっぱなしで戦っていたが
今度はR1が使えなくなりモヤモヤ

マップの1エリアが広すぎ 3/4くらいでいい
J投擲前ステチャージを使っても面倒なのは自分だけだろうか?
エネミー&宝箱配置やフィールド発生クエストの密度は問題ない

依頼やアイテムが多過ぎる
コピペのような内容を並べているだけのせいで見る気を失くす
依頼報酬がもっと魅力的だったりしたらまた違ったかもしれない
ページ機能等ももう少し充実していてほしかった
依頼のせいか素材種類が大量にありバッグがすぐ一杯になってしまうのも×

泥品で間に合うので鍛冶はほぼ触らず
広大なマップを考えると素材拾いも億劫なので
それこそこちらがコル払って掲示板に依頼できたらよかった

キャラとのコミュニケーション
会話バリエーションが少なく飽きる
手を繋いだり抱っこ出来るのは○

イベント自体は多いのでそこはそれなりに楽しめる
原作とは別の流れだが、ユイやアルゴなどが主体の話は貴重なので必見
ゲームオリジナルのキャラも違和感なく馴染めている

グラはPS4/vitaなのでお察し
イベントシーンでも貫通する

キャラメイクは一応できる程度で種類は少ない
PTキャラに装備受け渡しなどで見た目も変わるのは○

まぁ自分は緊張感と高速移動のない広大なマップは悪である(過激派)
という宗教を持ってるのでそれが合わなかったのも多少あるかと。
それと色々とごちゃごちゃし過ぎて面倒になってる点。もっとシンプルでいい。
全体的な出来は悪くないですし、やりこみ有りマルチ有り
キャラゲーとしては充分以上の良ゲーとは思います。
レベリングなど特にしなくても本編とイベントは問題なく楽しめるので
ファンならとりあえずやっておいて損はない作品ですね。いじょ。

ところで将軍、またゲームの感想を書いたんだが(ry


カーラに貴重な最初のPAを奪われた人俺以外に居ませんかね…(´・ω・`)
フォールアウト4クリア、以下感想。

メイン、派閥、サブクエスト

住人同士のトラブルイベントなんかに出くわすのが楽しいw
会話の選択肢と頻度が高くロールプレイできるのは○
ミニッツメンの拠点防衛は単調で面倒だった(´・ω・`)
レールロードは分岐にしては存在価値が低いのをもう少しなんとかして欲しかった
アトムキャッツは捨て置くには勿体無いからそのへんの設定はまとめても良かったかも

戦闘

V.A.T.S.がなかなか面白い
交戦状態で敵が動いても単発武器での部位破壊が楽
適当にばら撒けるがV.A.T.S.の恩恵は薄い連射武器とのバランスが良い
perkによる効果が高くビルドで個性が出るのはgood
戦闘以外でも有用なものが多いので取得を悩む楽しみがある

仲間

仲間になった後でも会話やイベントがあったりで飽きさせない
隠密中でもウロウロして見つかってこっちに寄ってくるのは△、
待機して荷物持ちか乱戦覚悟で囮

拠点づくり

これだけで1つのゲームとしてアリなくらいの出来
住人を自由に入れ替えたり物理法則を無視して建物等を作れる自由度
装備ガチガチにした住人たちでデスクロー速攻駆除してたりすると達成感ある(`・ω・´)
ゴミ拾いが癖になる、ハマると拠点用の素材を集めに探索へ向かうほどになるw
死体が残ってしまう仕様バグ?があるのは残念。

クラフト

他ゲーでも基本的にクリアまでなら使わない事が多かったりするクラフト要素だが
経験値目当て、火力や防御の底上げ、ジェットなどの薬も役立つので重宝した

とにかく大ボリュームで寄り道が楽しい、これぞオープンワールドですね。
全ての派閥に属しながら全ての依頼を気の向くままに進められる(分岐までだが)
後発でプレイしたのでバグに困ることもほとんどなかった感。
まぁバグもこれだけ複雑に作りこんであるなら仕方ないかなとは思いますが。
シリーズ初めてだったのですがまた次回作出たら是非やりたいですね。いじょ。

感想がアホみたいになっとるわ…鎮痛剤くれへんか?

dak3div59001.jpg
ディビジョンクリアしたので以下感想(※DZ未プレイなので省略

基本はカバーからの頭出し雪合戦
頭を出し続けたりカバー外で戦うとHPが溶ける
段差の登り降りや迂闊な移動での被弾が命取りになる
動きは良く言えばリアル、悪く言えばもっさり系

1マガジン叩き込んでも怯まず前進する敵には萎えるが
囲まれると瞬殺されるので諦めて引く事が重要
アクションの上手さより立ち回りの上手さが要求される
普通のFPSやTPSのように走り回って戦うものではない

スキルやタレントを自由に付け替えられるので戦い方を色々変えられるのは○
タレット置いたり盾したり壁張ったりできるのは面白い

ストーリーやサイドミッション系をやるだけなら装備はドロップ品で事足りる
クラフトの世話になることはなかった

オンラインのみ、世界マッチングだが一部エリアを除いて他プレイヤーが町中をウロウロしている事はない
マルチではラグることがしばしば
同期ズレのせいなのか無限落下や弾が出ないバグになる事も
本編だけならソロでもなんとかなるのでどうしても無理なら割り切るしかないか
ミッション中(設定によってフリー探索中)でも自動で参加(被参加)できるのはgood


アクションでありつつもレベルと装備を揃えてカバー主体で戦う堅実さはRPGですね。
オン専用なので今後アプデでのコンテンツ追加次第でもっと楽しくなるでしょう。
気軽に協力プレイもできるのでcoop好きならオススメです。いじょ。

きっと君もそう(赤に)なるだろう。


玉ねぎ…エストスープ美味かったぜ……(´・ω・`)

以下ダクソ3感想↓

正統進化、相変わらずの絶景
シリーズファンには懐かしいステージやお馴染みのキャラ、アイテム等も
新要素らしいのは戦技くらい?
攻撃力とスタミナ削りがアホなのでボス相手の鎧とガン盾がほぼ意味ない(重装の恩恵も少ない?
2段ゲージ系ボスはマジで心折れる_ノ乙(、ン、)_
複数系ボス多いのは救援を見越しているのだろうか
突進超リーチ多用なので魔術呪術メインはソロだとつらいかも?


自分がストイックになっていくのを実感できる数少ない傑作。
難易度はソロでは今回もしんどかった(^ω^;)
(lv上げるなり白orNPC使えば楽だったとは思うが
白の協力、あと初めてまともに赤もやって2周クリアもして大満足でした。
赤うぜええ→オフソロしよ→白やろ→赤おもしれえええ
という流れは我ながら開発の思惑通り過ぎる気はするw
残念ながらソウルシリーズは一旦終了みたいですが、
今後も容赦なくやりごたえのあるゲームを出してくれるのを楽しみに待ちたいですね。いじょ。

安心感という名の停滞感。


ネプV2クリアしたので感想。
ユニちゃんの出番が多いのでその点は神ゲー(またか

ストーリーだけならレベリングが特に必要ない程よい難易度で助かった
ボスも技ぶっぱしてるだけで終わる
なお戦略性は(ry
一致属性で威力上がったり物理耐性もあるからやり込みの域ならあるのかもしれない

マップ移動がマス形式になりエンカウントが付き面倒になった
ルートビルドとか面白くもないし別に要らん…

この作品だけに限らないが同じ言い回しの連打がとにかく多いテキストは×。
けどけどでもでもetc本当に酷い、1回の会話中に「そして」が8回は何か元ネタでもあるのか?
物書きとしての基本ではないのか。寝てないのかもしれない(´・ω・`)


シリーズを重ねていることもあり造りは無難でクソ要素は無い、寧ろ遊びやすい部類。
ただマンネリもあってゲーム的に面白いとは感じられなくなっている(辛辣
そろそろ本家ネプもシステムごとまるっと変えたほうがいい時期なのでは。
今後はゲーム自体のネクストフォーム、期待してますよ。いじょ。

プロフィール

うつろねこ

Author:うつろねこ
俺が…俺達がアルカナハートだ!

twitter

現状

プレイ中&積みゲー
PSO2
デレステ
グラブル
MHXX
四女神オンライン
カグラPBS
ガンガンピクシーズ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © うつろねこ